フリーエリア

プロフィール

室長

Author:室長
鍼灸アロママッサージ 
ビッグママ治療室八王子 
室長のいいづかです♪

営業日:月火水金土/11時~19時/不妊治療・女性疾患
完全予約制 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ビッグママ治療室八王子ブログ
八王子駅前、天空の不妊専門鍼灸治療室です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しました
暑中お見舞い申し上げます。

今日から8月です。 月日の経つのは早いものです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


さて、このたびビッグママ治療室八王子のHPがお引越ししました。

こちらですので、ぜひ新しいところに遊びにいらしてくださいませ(^O^)/

ブログも新しいページになりました。
まだ何も書いていませんが、たくさん書きたいな~と思っています。

引き続きどうぞよろしくお願いします(*^^)v





ビッグママ治療室八王子




スポンサーサイト
食欲を抑えるツボ
過ごしやすい温度の日が続いています。
まだ雨季なんですね~ そろそろあけていただかないと、8月になっちゃう…

ビッグママ治療室八王子の飯塚です。


前回、体が湿気ていると多湿の季節はしんどい、というお話をしました。
その予防・改善のために、食べ過ぎ飲み過ぎに注意しましょう、と書きました。

この場合の食べ過ぎというのは、結構タイトな感じで、普通の満腹は食べ過ぎなんです。
目標は、腹八分、症状の出ている方は、腹六分です。

私は食いしんぼ。腹八分では全く満足できません。

お腹がぽってり出ていて(;´∀`)蓄えはたくさんあってもお腹は減る。食べて、お腹はいっぱいでも、ケーキは別腹だったり、美味しいものがあれば食い意地が張る。
食欲って何だろう??


そんなことを考えていたら、「食欲の化学」(ブルーバックス 桜井武)という本を見つけたので、読んでみました。

先ずは、学説や新しく発見された物質などを歴史に沿って、そして生理学的な説明で面白かったです。

生物の恒常性のお話や、視床下部の満腹中枢・摂食中枢、これは血中の糖で反応する神経です。
脂肪で反応する神経もあり、体にどのくらいの脂肪があるかを感知し、食欲をコントロールするシステムです。女性は、最低12%体脂肪がないと、生殖できなくなるのだそうです。だから、種の保存のためのシステムなのです。ちなみに、一番受胎しやすい体脂肪率は20%と言われています。

脂肪細胞から分泌されるレプチンの発見とその結末・・・幻のやせ薬とはなりませんでした。
脂肪細胞はエネルギーを蓄えるだけではなく、とても多くの生理活性物質を産生することが分かって来ました。
脂肪をため込んでいない脂肪細胞は、損傷した血管を保護したり、動脈硬化を抑制する物質がつっくられるのですが、たっぷり脂肪を抱え込んだ脂肪細胞は、血液を固まりやすくする因子が多く作られ、動脈硬化や血栓ができやすくなったり、インスリンの効きが悪くなり、糖代謝異常のリスクが増る… などという、肥満のリスクを生理学的に書いてありました。

自分にご褒美というのがありますが、脳内には報酬系と呼ばれる反応の流れがあって快感中枢とつながっており、行動の選択・欲求にも深くかかわっているのです。

そして、精神性の過食・虚飾のお話、やせ薬や手術によるダイエットのお話も衝撃的でした。
胃バイパス手術は聞いたことがありましたが、脳に手を入れて食欲をコントロールする手術もあると知りました。

生き物として、簡単に食欲を失っては生命にかかわります。だから二重三重の食欲アップシステムを持っていて、そう簡単に食欲を失わないようにできているのですね。

なにかをお勧めするものではなく、生理学的な視点からあるがままに淡々と という印象でした。


以前、鍼の勉強会の先生に、食欲のコントロールはどうすればよいかということを質問したとき、「神様にお祈りして…」 ということでしたが、今回図らずもその裏付けを得たように感じました。(しょぼん)





ビッグママ治療室八王子

夏は体がだるい
こんなに暑いのに、関東地方の梅雨明けはまだ少し先のようですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

ビッグママ治療室八王子の飯塚です。


5月に梅雨入りしてから秋までの間、湿度の高い季節が続きますね。
この時期にだるくなる方は多いと思います。
症状としては、むくみやすい、お腹がぽってりしている、舌の苔が厚い、だるい、頭が重くぼーっとする、それからお腹を壊しやすくなる・・・ などです。
これらの症状は、体に湿をため込んでいる人に多く見られます。

湿気体質と私は呼んでいるこのタイプの人は、外界の湿気にも反応しやすく、この時期にいろいろな症状が出やすいのです。


では、どうすれば改善するのでしょうか。

東洋医学では、脾は生痰の臓といい、脾がうまく機能しないと痰(湿気)が生まれる、と言っています。
脾臓の脾ですが、胃とセットで消化吸収を担当していると考えられています。
胃が収めた飲食物を消化吸収し、エネルギーを運び始める機能的な部分を担当しているのが脾です。
せっかく食べたもののエネルギーをうまく活用できず、澱のように体にたまってしまっている状態が、湿気体質です。

消化機能を上げるようにしていけばいいわけですね。
暴飲暴食はもちろん、食べ過ぎない、冷たいもはなるべくとらない、体を冷やさない、規則正しく食べる・・・ など。

体を冷やさないといっても、これだけ暑いのに、これからもっと熱くなるかもしれないのに、ただ温めるだけではオーバーヒートを起こしてしまします。ちょうどよいところを見つけるのが難しい季節ですね。


体の声に耳を傾け、食べたいものを食べたいだけ食べるという健康法??を聞いたことがあります。
体はその時に足りないものを要求するようにできている、というものです。
野生の動物にはおデブはいないし、無駄に食べ過ぎることもない。
生物としての恒常性の話をしているのだろうから言いたいことはわかるけど、私には無理!! と思いました。

ヒトはいろいろな刺激に慣れるようにできています。
そうすると、快い刺激はどんどん増やしたくなります。辛いもの、甘いもの、旨いもの、冷たいものも刺激なのだと思います。
チョコレートや、メロンパンや、キムチにはまったりするんですね。

食欲をコントロールするのは難しいです。

ご自分が湿気体質かな?と思われた方は、がんばって気をつけてお過ごしくださいませ<(_ _)>





ビッグママ治療室八王子



涼しげに…
あまり雨が降らない梅雨ですが、ムシムシと暑いですね。
熱中症になってしまう人が増えているそうです。
熱中症の始まりは、脱水症状です。 水分をとって汗をかきましょう。

ビッグママ治療室八王子では、せめて涼しげにと思い、オルゴールのBGMにしてみました。
治療のお時間を、少しでも心地よく過ごしていただきたいと思っております(*^。^*)


                    hasunohana-199x300_convert_20160713112514.jpg
さて、7月12日から16日までは、七十二候の蓮始開(はすはじめてひらく)という時期です。
七十二候とは、二十四節季を5日ずつ3つに分け、気象の動きや動植物の様子などを伝えたものです。
蓮の花が開き始めるころ、ということですが、今年はちょっと暑すぎるように思います…

手元に蓮の種がひと粒ありました。お花のアレンジメントのドライフラワーに入っていたものでした。
そのアレンジメントを頂いてから、もうすぐ3年がたとうとしているのですが、つい出来心で、戯れに水に漬けてしまいました。

子供のころ、大賀博士が古い地層から出てきた蓮の種を発芽させるお話を聞いた気がします。
蓮は、古い種でも発芽率がいいのだろうか??
ドライフラワーだと、熱をかけて乾燥させているかも。そしたら、種にも火が入ってる… 
ま~わからないけど、やってみましょ(*^_^*) ということで、多分芽は出ないだろうと思いながらも、そのまま捨てる気にもなれなかったので蒔いてみることにしました。

種の、外側の固いところをやぶって、中に水はしみこみやすくしてから、水没させました。
2日目は、水が茶色くなってしまって、種は少しふやけているような…
そして3日目、どうやら発芽する気らしいです、動き始めていますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

蓮の種蒔きに適した時期は、八重桜の頃だそうなので、だいぶ遅いスタートになっています ごめんね(;´∀`)
さてさて、どんなことになりますか…  楽しみです。





ビッグママ治療室八王子


何故瞑想をするのか
昨日、7月7日は七夕で小暑でした。
小暑とは二十四節季のひとつで、これから暑さが本番になりますよ、という日です。
まだ梅雨はあけていませんが、すごい暑さでしたね。


そんな暑さの中、勉強会でした。
今日のコースは、きれいな鈴の音とともに瞑想から始まります。
姿勢を整え、意識を臍下丹田に落とし込んでいきます・・・

これが、なかなかうまくいかない((´・ω・`;))
こんな時にお腹が鳴って恥ずかしかったり、ちょっとした音や光等々が気になったりして。
心を静かにすることは、難しいものですね~

何のために瞑想をするのでしょうか、という質問が出ました。

先生答えて曰く
手放すため。世俗のもろもろや、自分の思い込み、こだわりなどを手放すため。

思いを手放すことによって集中ができるのだそうです。
手放してそして、いつものゼロポジションに戻り、患者さんを診る。


う~~ん、そういう事だったのね~(^-^;
気持ちをつくる、気持ちを入れる。大切なことですね。
このトシにして、まだまだ修行が足りんなぁ~と思ったのでありました。





ビッグママ治療室八王子




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。